• Home
  • Service
  • Bridal
  • Customer
  • Shop Info
  • Profile

BLOG

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

ショップ インフォメーション

店舗情報
OPEN
平 日 10:00~20:00(要予約)
土曜日 11:00~18:00(要予約)
CLOSE
日曜日・祝日
※ご相談下さい。日曜日・祝日でも可能な限り対応させて頂きます。
CONTACT
TEL/FAX 082-258-1427
「24時間受付中」時間外の場合、翌日折り返しお電話させて頂きます。
メールでのお問い合わせはこちら
広島県広島市中区三川町10-25 2F

自分に合ったスーツを選ぶポイント_6



皆さんこんばんは。
「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(色、柄編)Part2はいかがでしたか?
ストライプ是非ともチャレンジしてみてください!
本日は「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(色、柄)Part3です。
「ストライプ」の次は当然「チェック」です。
本日は定番柄「チェック」の与えるイメージをご説明し、
最後に当店のおすすめスタイルをご紹介しようと思います。
チェック
   元々、イギリスのカントリーサイド(郊外の田園地帯)に
   暮らす紳士達に愛されてきた柄。
   チェックスーツは比較的にカジュアルとされています。
   そのため、シリアスな場面よりは商談や会議のないリラッ
   クスした日に合います。
   普段のお洒落の一環として着るのもいいですね!
   また、チェック柄は線が細い方が貫禄が出ますよ。
 チェックの種類
 
  ・ウィンドゥペン
    一色のラインが交差して大きな格子を作っているもの。
    窓枠のような四角いチェックです。
    柔らかく、クラシックな印象を与えます。
    
  ・ハウンドトゥース
    hound(猟犬)、tooth(歯)の意味で「犬の牙の形」です。
    日本では千鳥が連なって飛んでいるように見えるため
    千鳥格子柄と言われています。
    エレガントでクラシックな印象を与えます。
    
  ・ギンガムチェック
    白と黒、白と茶のように二色の格子柄です。
    マレー語で縦縞の布を意味するgingan、インド原産の糸
    染め平織りもののコピーをフランスのGingampという地
    方で始めて生産されたという2つの語源があります。
    スポーティーでアクティブな印象を与えます。
    初心者向けでもあります。
    
  ・グレンチェック
    数パターンの細かな格子の方形を配置し大きな格子柄に
    見せているもの。スコットランドのアーカートという
    谷間(Glen)で織られたことからついた伝統的ながらです。
    歴史と気品があり、クラシックな印象を与えます。
    個人的におすすめの柄です。
    
最後に当店のおすすめスタイルを。
 チェックもストライプ同様、柄に主張がある分、Vゾーンの選択
 が大切になります。
 今回のおすすめスタイルはシャツはブルー。
 ネクタイはウールタイ、シューズもスエードのの暖かみのある
 ものです(季節的には暑いですが、秋冬の参考に…)
 今の季節的には、ニットタイでもいいですね。
 色は赤系がおすすめ。
 シューズとベルトは茶系でまとめましょう。
 やっぱり、ポケットチーフは入れてくださいね!

****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

自分に合ったスーツを選ぶポイント_5



皆さんこんばんは。
「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(色、柄編)Part1はいかがでしたか?
基本の色を知ることでお洒落の幅は広がるので楽しいですね。
本日は「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(色、柄)Part2です!!
基本色を知ったら、次は「柄」です。柄も沢山の種類があります。
定番の柄や上級者向けの柄をお伝えしたいと思います。
本日は、柄の中でも超定番の「ストライプ」について書いていきます。
ストライプ
 スーツ発祥の地、イギリスではストライプは都会を象徴する
 柄ととらえられ、ロンドンで働く金融マンが好む柄としても
 有名です。そんな背景もあり、ストライプスーツには
 「仕事ができる男」を演出する効果があります。
 特に、「ネイビー」をベースとしたものは、知的に見える。
 しかも、日本人の肌に相性がいい。
 つまり、ネイビーでストライプのスーツは必須!
 と、いうことです(笑)
 皆さんはすでにお持ちですよね?
 
ストライプの種類
 ・ピンストライプ
   色糸を針(ピン)の頭のように点々と並べたストライプ。
   シンプルで上品。落ち着いた大人の雰囲気をあたえます。
   
 ・ペンシルストライプ
   鉛筆で引いたようなくっきりとした細幅のストラプ。
   誠実で実直な印象を与えます。
   
   
 ・チョークストライプ
   チョークで引いたような太幅のストライプ。
   存在感があるため、力強さや貫禄をアピールできます。
   
   
 ・オルタネートストライプ
   色や幅の違う二週類のストライプが交互に並ぶもの。
   二種類のストライプの組み合わせがスタイリッシュで
   洗練されて印象を与えます。
   
   
 ・マルチストライプ
   三種類以上の異なるストライプが並ぶデザイン。
   カラフルな印象で、ファッション性の高いデザインです。
     
   
         
 ・トラックストライプ
   トラック=「線路」同じ太さのストライプが二本並ぶ。
   アメリカントラッドで多用される。
   品の良いカジュアルに向いている。
   
   
最後に当店のおすすめスタイルをご紹介。

 ストライプは柄に主張がある分、Vゾーンの選択が大切です。
 おすすめスタイルはシャツは白。
 ネクタイはストライプですが、スーツの色をネクタイで拾い、
 連続性を持たせることです。
 (基本テクニックなので覚えておきましょう)
 ネクタイでスーツの色を拾うと、全体的にまとまりがよくなる
 ので、ネクタイの色はちょっとチャレンジして欲しいですね。
 もちろん個人的にはポケットチーフも入れて欲しいです。
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

◇自分に合ったスーツを選ぶポイント_4



皆さんこんばんは。
「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(素材、生地編)はいかがでしたか?
素材によっても与える印象は様々ということが理解いただけたと思います。
ここまでで少しでもスーツが楽しくなっていれば幸いです!!
さて本日は「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(色、柄)についてです!!
人に向き、不向きがあるように同じようなスーツにも色や柄によって得意分野があります。
その持ち味を最大限活かすような組み合わせができるようになればいうことありません!
スーツの定番カラーをご紹介します。
スーツの色の種類
・ネイビー     
 スーツの永遠のベーシック。
 パーティーや結婚式、どんな場面でも恥ずかしくない色です。
 また、最も信頼を得やすいカラーリングと言われています。

・グレー  
 魅力の一つに幅広い濃度から選べる点があります。
 濃度によってふさわしい場面が存在します。
 濃いほどフォーマル、薄くなるほどカジュアルになります。

 
 ライトグレー   
  カジュアル感が強くなります。
       
 ミディアムグレー 
  ビジネススーツの万能選手扱いです。
       
 チャコールグレー 
  公式な場でも使えます。
  何にでも合わせやすく、黒よりも非常に便利な色です。
・ブラック     
 これもスーツの永遠のベーシックです。
 紺と同様、何にでも使えます。
 ただし、黒が深すぎると喪服に見えるので注意が必要です。
 光沢や織柄入りのタイプを選べば普段使いも問題ありません。
 ネイビーやグレーがクラシックな印象に対して、黒はモダンに見える色です。
 アンタイド(ノータイ)スタイルも様になるのも特徴です。

まずは自分の好きなカラーから取り入れてみましょう!
「自分に似合うカラー」が知りたい方は当店まで
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

◇自分に合ったスーツを選ぶポイント_3



皆さんこんばんは。
先日の「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(素材、生地編)Part1はいかがでしたか?
スーツの素材を知ることで、自分にあったスーツを選ぶことができるようになるとスーツがもっと楽しくなりますよ。
本日は「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(素材、生地編)Part2です!!
スーツの生地にも色々な種類があります。
生地の種類を紹介しながら、「着こなし」「適したシーズン」「生地のイメージ」について解説してきたいと思います。
生地の種類
 生地は、織り方や加工方法によってタイプを分けることができます。代表的なものをご紹介いたします。
・サージ      
・サキソニー
・フランネル
・ツイード
・トロピカル
・ギャバジン
それでは、以下に生地の「特徴」、「適したシーズン」、「イメージ」を書いていきます。
「特徴」
・サージ      
 クリア加工を施した織物。学生服に使われることが多い。
・サキソニー    
 柔らかくて軽い生地。メリノウールを使用。
・フランネル    
 肌触りが柔らかい。保温性に優れる。
・ツイード     
 スコットランド特産のザックリ感のある毛織物。
・トロピカル    
 通気性がよくさらりとした肌触り。サマースーツが多い。
・ギャバジン    
 光沢のある仕上げ。スーツやコートに使用。
「適したシーズン」
・サージ     オールシーズン。  
・サキソニー   薄いものは春。厚いものは冬。
・フランネル   秋冬のシーツ。
・ツイード    秋冬のスーツ。
・トロピカル   春夏。日本では夏素材として重用される。
・ギャバジン   コットンは春夏。ウールはオールシーズン。
「イメージ」

・サージ      シンプルで男性的なイメージ。 
・サキソニー    高級でソフトなイメージ。
・フランネル    伝統的で柔らかなイメージ。
・ツイード     暖かくクラフト的なイメージ。
・トロピカル    涼しい。エレガントなイメージ。
・ギャバジン    クラシックで男性的なイメージ。
紹介したものはほんの一例です。
まだまだ沢山の生地の種類がありますが、上記のものを知っているだけでも十分スーツを楽しむことができると思います。
あとは、知識としてだけでなく、実際にお店で手に取って触ってみることをオススメします。
「百聞は一見にしかず」です。私もできる限りそうしてます。
特に、生地の「イメージ」は、あくまで一般的な意見ですので、自分なりの意見を持つことも必要だと思います。

****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

◇「清潔感」が肝心



9月から新しいスタートを切られるお客様のスーツを納品させていただきました。

ネイビーのスリーピーススーツです。
どんな場面にも対応できるように、過度な装飾などは省きました。
そうです!!
「清潔感ある着こなし」ができる一着です。
とても物腰の柔らかいお客様で、お話も楽しくとても勉強になります。

「人は見た目が9割」とよく聞きますがその通りです。
「清潔感がある人」の話は聞けるけど、「清潔感がない人」はどんなにいいことを言うとしてもあまり聞きたくありませんよね?
暑い時期でも「清潔感」大切にしていきましょう!
暑い時期、シャツ1枚の方に当店では「ベスト」をお勧めしております。
シャツ一枚と、ベストを着用しているかどうかでは相手の印象は随分と変わります。
ご興味がある方はお気軽にご相談ください。
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

カツンジャーご来店



なんと、なんと、カツンジャーが当店にご来店してくださいました!
当店のジャケットを着て決めポーズ!

さすが!
決まってますね~
そして、パプさんのジャケットを着ると…

コートみたいになってしまいました(笑)
カツンジャー、お忙しい中ありがとうございました。
感動しております…笑
気持ちよく、明日の営業を迎えられそうです。
皆様も素敵な週末を…
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

自分に合ったスーツを選ぶポイント_2



皆さんこんばんは。
昨日は「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(ディティール編)について書いてみましたがいかがでしたか?
基本の部分を知ることで、スーツ選びは非常に楽しくなりますね。

本日は「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(素材、生地編)Part1です!
スーツはディティールに種類があるように、素材や生地にも種類があります。
それではまず、スーツにはどんな素材があるのかまとめてみます。
素材の種類

・ウール(羊毛)
・ポリエステル
・シルク(絹)
・カシミア(カシミア山羊の毛)
・コットン(綿)
・リネン(麻)
大体聞いたことある名前ではないですか?
では、次に「SUPER100’s」とかって聞いたことないですか?
もし聞いたことがなければ、今日知っておきましょう!

この「SUPER100’s」(スーパー100)とは、「糸の細さ」を表しており、
数字が大きい程、細い糸を使用した高級な素材であることを表しています。
(現在、SUPER80’sからSUPER210’sまであります)
SUPER100’s  より丈夫     ↑
SUPER120’s  (耐久性)   (肌触り)
SUPER150’s    ↓    より滑らか
それでは、最後にスーツを選ぶ時に知っておきたいポイントをまとめます。
①基本ウールを選ぶ
 ウールは年中着れる生地なので間違いありません。
 ただし、生地の厚さや織り方で季節を分ける工夫を入れると
 なお良いと思います。
②SUPER100’s~SUPER120’sの品質
 普段仕事で着るスーツはこのくらいの品質で良いと思います。
 特別な場面などでは、より高品質のSUPER150’s以上を選ぶ
 ことも良いと思います。
③ポリエステルが混ざったものは機能性がよいのでビジネス向き
 ポリエステルが混ざることによって生地の耐久性がよくなり、
 シワもつきにくくなります。
 ただし、ウール100%のものよりはチープに見えてしまいます。
 当店では就職活動生や新入社員の方にお勧めしています。
④リネン、コットンは春夏向けの生地
 吸水性、撥水性、通気性に優れる生地なので気温の上がる時期
 に適しています。
 ただし、シワになりやすいというのが欠点です。
以上、基本はウール素材のものを選び、着用する場面や季節によって自分の求める機能、着心地に会う素材を選ぶのがポイントだと思います。
わからなければ、先輩やお店の方に聞いてみてください。
当店でももちろんご相談を受け付けております。
これからは、スーツを選ぶ時にはデザインだけではなく、品質表示タグも見るようにしましょう! 
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

自分に合ったスーツを選ぶポイント_1



皆さんこんばんは。
蒸し暑いですね。
広島は朝、昼、夜とにわか雨みたいなのが降りました。
基本的に傘を持たないので、お昼に参加したランチ交流会ではビシャビシャの状態での参加になってしまいました…(笑)
恥ずかしい…
さて、先日はスーツの定番スタイルをご紹介してきましたが、
本日からは「自分に合ったスーツを選ぶポイント」についてご紹介していきます!
正直、いくら高価で有名ブランドのスーツを購入しても自分に合ってなければカッコ良くは見えませんよね。
お金持ちになって高価なスーツを着用しても似合っていなければそのスーツはあなたには合っていないんです。
スーツで装うことであなたの魅力を最大限に引き出すことができれば、別に有名ブランドでなくても大きな意味がありますよね?
間違ったスーツ選びをしないためにも、スーツ選びに大切なポイントをまとめていきたいと思います。
「自分に合ったスーツを選ぶポイント」 (ディティール編)
まずは、スーツを選ぶ時に知っておきたい3つのディティールについてです。
 
・シングル/ダブル
・ボタンの数
・ベントの種類


この3つは、
「動きやすさ」
「スーツを着たときのイメージの構築」
「フィット感や着心地」を決めるのに本当に重要なポイントとなるので是非覚えていてください。
・シングル/ダブル
 正式にはシングルブレスト/ダブルブレストと言います。
 
 シングルブレスト:シンプルで活動的なイメージ
          細身で長身の方が似合います
          年齢関係なく着用しても違和感ありません

 ダブルブレスト :フォーマルで男性的なイメージ
          がっしりとした体型の方が似合います
          年配の方の着用イメージがあルと思います

・ボタンの数
 シングル:2つボタンと3つボタン、段返り3つボタン


 ダブル :6つボタンの1つかけ、6つボタンの2つかけ
      4つボタンの1つかけ、4つボタンの2つかけ


・ベントの種類
 そもそもベントとはスーツの背中に入ったスリット(割れ目)のことです。
 ジャケットが皺にならないようにと入れられたもの。
 ノーベント  :ベントがないもの。フォーマル向きです。
 センターベント:背中に1本入ったもの。
         すっきりと見せることができ、細身のスーツ
         に入っていることが多いです。
 サイドベンツ :背中の左右両方に入ったもの。
         エレガントでポケットに手を入れやすいとい
         う特徴があります。

さて、「自分に合ったスーツを選ぶポイント」(ディティール編)いかがだったでしょうか?
あまり考えずに選んでいる方も多いと思います。
まずはこの中から「自分が気になったもの」「似合うんじゃないか」と思ったものを着用してみることをお勧めします。
その中から、「人に聞く」ことで似合う、似合わないを自分なりに選別していくと「自分に似合う」ということがわかってくると思います。
私自身、社会人1年目の時に自分の好きなものを着ていたら、
「それよりもこっちのほうがいいよ」という一言で随分と救われたものです。
(特に女性の一言は威力あります)

*************************************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
*************************************************************************************************

自分に合うスーツを手に入れたいなら



3連休に再UPした「自分に似合うスーツを選ぶために」いかがでしたでしょうか?
スーツといってもスタイルによって随分と変わってきます。
そんな中から自分のスタイルを見つけることができたら、きっともっとスーツを好きになっていただけると思いますし、毎日の仕事前のスーツ選びも楽しくなると思います。
まだ続きがありますが、それはまた次の機会にいたします。
当店としてはカッコいいビジネスマンに増えてほしい。
それだけなのです。
では、自分に合うスーツはどうやって手に入れたらいいのでしょう?
・色々なスーツを着てみる。
・雑誌などを見て流行を追ってみる。
・周りの人から意見を聞いてみる。
人それぞれですが、やはり「沢山着てみる」ということだと思います。
高価なスーツを購入する必要はありませんし、自分が良いと思うスーツを着ることは「自分に何が合うか」を知っていく大切なプロセスです。
そして、「人に聞くこと」
あまり日本人は積極的にできない方も多いようですが、
「自分の思っている印象」「相手が自分に抱く印象」は全く違います。
「自分がどう見られているか」を意識することは大切だと思います。
なにもナルシストになれと言っているわけではありません。
ビジネスとして相手に対して失礼のない格好になっているか、
もうちょっとネクタイをきちんと締めたほうがいいよ。とか、
ポケットチーフとかしてみたら爽やかな感じになるよ?と、いう女性の一言など、周りから言われて初めて気づくことは思いの外多いです。
その積み重ねが「自分のスタイル」にたどり着く一つの方法でもあります。

写真は連休に大阪から遊びに来てくれた親友ですが、彼と私は体型も近いので当店にある私のスーツやベストを色々着てみていました。彼なりに新しい発見もあったようです。
この好奇心旺盛な姿、そしてチャレンジ精神は真似したいものです!
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************

自分に似合うスーツを選ぶために Part3



「ブリティッシュスタイル」、「イタリアンスタイル」と紹介してきましたが、いよいよ本日は、「アメリカンスタイル」の紹介です。

「アメリカンスタイル」
 


 「アメリカントラッド」とも呼ばれる。
 合理的なアメリカ人にあったデザインで、「着る人を選ばない」「誰でも着やすい」という特徴があります。
 特徴:イギリスのスーツから動きやすさと機能性を重視したスタイル
    ボックス型のシルエット(ウエストの絞りが緩い)
    ナチュラルショルダー(自然な肩のラインに沿って作られている)
    ゆるくてカジュアル感が強い
    パンツもやや太め
    ジャズスーツ、アメリカントラディショナルモデル、アイビーリーグモデルなど様々なモデルがある。(イギリスやイタリアは基本仕立てのため)   
スーツスタイルを大きく3パターンに分けてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
各国の特徴が顕著に出ていますね!
動きやすさや、機能性を重視しているとこんなにも作りは変わるんですね。
私も父がトラッドが好きだったため、昔の本をもらっては読んでいますが、イギリスにはイギリスの、イタリアにはイタリアの、アメリカにはアメリカの良さがありどれが一番いいかは決めれません。
いろいろ着用してみて自分に似合うものを見つけていく方法もありますし、シチュエーションに応じてスタイルを変えてみるのもいいですね!
・目上の方に会うときはブリティッシュスタイル
・若い方や女性に会うときはイタリアンスタイル
・休日や行動範囲が広いときはアメリカンスタイル
こんな感じでスーツを楽しんでほしいと思います。
****************************************************************************
 ShopInfo : http://themyway.jp/
 Tel : 082-258-1427
 e-mail : themyway.moys@gmail.com
****************************************************************************


オーダースーツのThe My Way お気軽にお問い合わせ下さい。